電子タバコの使い方

電子タバコで禁煙する方法

プロフィール

プロフィール画像

電子タバコで禁煙生活を実践しているjunです。

もともとは、ヘビースモーカーで1日3箱前後は吸っていました。
電子タバコが登場したので、タバコの値上げも絡み禁煙することにしました。
電子タバコは思ったよりも経済的なので非常におすすめです。

SEO

TOEIC勉強法
TOEIC 勉強法と対策
藤本憲幸の超記憶術
城咲仁のモテる男養成講座『今モテ』
幼児の夜泣き
手汗治療
手汗改善法

スーパーシガレットスーパーシガレット

電子タバコの使い方

普通のタバコは、タバコに火をつけるだけで煙草が吸えます。
この電子タバコという商品は、火を使わずにバッテリーを使用しますので多少面倒かもしれません。
簡単に電子タバコの使い方を説明しますので、参考にしてください。

電子タバコはパーツが分かれている

電子タバコは基本的に3つのパーツが組み合わさって構成されています。
普通のタバコでいうところの、葉っぱの包まれているところがバッテリー。
普通のタバコで言うところの、フィルターと葉っぱの間のところがアトマイザー(変霧器)。
普通のタバコで言うところの、フィルターのところがカートリッジとなっています。

それぞれが電子タバコに欠かせない部分で、主にカートリッジの部分が消耗品となります。
もちろん、その全てが電子機器ですので消耗品ではありますが、メンテナンスをきちんとしていれば、すぐに使えなくなるということはありません。

最近では、バッテリー部分とアトマイザー、カートリッジ部分が一体になっている製品も出てきているようです。

電子タバコは充電が大事

電子タバコの命とも言える部分がバッテリー部分です。
普通のタバコで言うところの葉っぱの包まれている部分に相当します。
この部分を充電することで、電子タバコが機能を発揮します。

充電時間は電子タバコの種類にもよりますが、約2〜5時間程度です。
通常は白いものが普通ですが、中にはいろいろな種類のものもありますので、充電のことも考慮していくつか持っていると便利でしょう。

電子タバコを組み立てて使う

電子タバコは基本的に3つのパーツに分かれていますので、それぞれを繋げて使用します。
特に難しいことはありませんので、初めての方でもすぐに使用できます。

ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。