電子タバコの特徴

電子タバコで禁煙する方法

プロフィール

プロフィール画像

電子タバコで禁煙生活を実践しているjunです。

もともとは、ヘビースモーカーで1日3箱前後は吸っていました。
電子タバコが登場したので、タバコの値上げも絡み禁煙することにしました。
電子タバコは思ったよりも経済的なので非常におすすめです。

SEO

TOEIC勉強法
TOEIC 勉強法と対策
藤本憲幸の超記憶術
城咲仁のモテる男養成講座『今モテ』
幼児の夜泣き
手汗治療
手汗改善法

スーパーシガレットスーパーシガレット

電子タバコの特徴

電子タバコの特徴を紹介します。
電子タバコには多くのメリットがありますので、電子タバコに興味を持っている方は、お試し感覚で1度吸ってみた方が良いでしょう。

健康被害がない

電子タバコにはニコチンが含まれていませんので、健康被害はありません。
ただ、海外のものなどの中には、ニコチンが含まれているものもあるようですので、健康被害がないものを利用したい方は、国内で販売されているものを購入しましょう。

未成年は吸えません

基本的に未成年は吸えません
ニコチンなどの成分が含まれていないので、吸っても問題ないという声もありますが、個人的には今後の本来のタバコへの興味関心を招いてしまうのでおすすめできません。
タバコも電子タバコも二十歳を過ぎてから購入しましょう。

公共の場や禁煙所では吸えません

タバコではないので、禁煙場所で吸っても周囲に害は与えません。
ただ、一見すると普通のタバコを吸っているように見えますので、電子タバコも吸わないようにしましょう。
かといって、喫煙所で電子タバコを吸うというのも難しいところですので、自宅やゆっくりタバコが据える場所での使用をおすすめします。

経済的です

普通のタバコに比べてランニングコストが低いです。
電子タバコにも価格の幅がありますので、いくらといった具体的な価格は言えませんが、おおよその価格で説明します。

*普通のタバコ=300円/20本、電子タバコ=10,000円、カートリッジ500円/5個の場合
*電子タバコは、カートリッジ1個で普通のタバコ1箱の場合

普通のタバコ 電子タバコ 差額
初期費用 100円ライター+300円 10,000円(本体)+5,000円(カートリッジ50個) -14,600円
1日1箱 300円 100円 +200円
1日1箱を1ヶ月 9,000円 10,000+3,000円 -4,000円
1日1箱を3ヶ月 27,000円 10,000+9,000円 +8,000円
普通のタバコ 電子タバコ 差額
1日3箱 900円 300円 +600円
1日3箱を1ヶ月 27,000円 10,000+9,000円 +8,000円
1日3箱を3ヶ月 81,000円 10,000+27,000円 +44,000円

吸えば吸うほど経済的なことが分かります。
現在、あまり吸っていない喫煙者の方でしたら、初期費用が10,000円以上かかってしまいますので、なかなか手が出ないかと思いますが、ヘビースモーカーの方でしたらすぐに電子タバコの方が費用が抑えられます。
ただ、あまりタバコを吸わないという方でも長期的に見ると確実に電子タバコの方が経済的です。

個人的には、1日にたばこを3箱吸っていましたので、すぐに経済的効果が体感できました。
費用がかかるのは最初だけですので、迷っている時間があったらすぐに電子タバコに切り替えるべきでしょう。

ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。